RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. レスリング
  4. 記事
2012年8月10日11時36分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

双子メダル狙う湯元兄弟 かつて対戦した記者は…

写真:「俺が2人を取材って何かおかしくないか?」と私が言うと、進一(左)は「ホンマやな」、健一は「不思議やなあ」といつもの笑顔を見せた=6月、東京都渋谷区拡大「俺が2人を取材って何かおかしくないか?」と私が言うと、進一(左)は「ホンマやな」、健一は「不思議やなあ」といつもの笑顔を見せた=6月、東京都渋谷区

写真:2004年3月、パキスタンの代表選手らとの合同練習で。後列中央が進一、後列左から2人目が私=イラン・テヘラン拡大2004年3月、パキスタンの代表選手らとの合同練習で。後列中央が進一、後列左から2人目が私=イラン・テヘラン

写真:遠征先イランの街角で、進一(左)と撮った一枚=2004年3月拡大遠征先イランの街角で、進一(左)と撮った一枚=2004年3月

写真:飯島健太記者飯島健太記者

 ロンドン五輪では、27歳の双子の「レスリング兄弟」が日本初の兄弟そろっての五輪金メダルを狙う。フリースタイル60キロ級の兄・湯元健一、同55キロ級の弟・進一両選手だ。

 和歌山市出身。ともに9歳で地元の少年レスリングクラブに通い始めた。父鉄矢さん(47)は高校総体に出場した元レスリング選手だが、「余計な口は出さない」と、2人の指導はクラブに任せていた。

 ところが1年後、初めて練習を見に行った父の前で、2人は女の子にも投げ倒されていた。「このままではあかん」。鉄矢さんは自宅の6畳間にマットを敷き、タックル練習やスパーリングをさせた。過去の五輪の試合もビデオで繰り返し見せ、技を研究させた。

 「厳しく指導したんやけど、くじけなかった。双子だから互いがライバル。『お前だけには絶対に負けへんで』と」。2人は机を並べた和歌山工高時代、別々の階級でそれぞれ全国制覇した。

 健一選手は日体大に進み、自らの戦い方に磨きをかけた。組み手で相手の体勢を崩し、右足に低いタックルに入る。21歳の時に全日本選手権で初優勝。23歳で北京五輪に出場し、銅メダルを獲得した。

 進一選手は拓大に進学。出場を逃した北京五輪は観客席から兄を応援した。「先を行かれ、悔しかった」。25歳の時、全日本選手権で高校生に負けたのをきっかけに、医師や栄養士の意見を聞いて生活面や食事の改善に努めた。

 今年3月の五輪アジア予選。「負けたら引退や」と試合に臨んだ進一選手は2位に入り、兄より先にロンドンの切符を手にした。健一選手も4月に代表に決まり、日本レスリング史上初の双子の五輪同時代表となった。鉄矢さんは「今の2人は俺の知らん、特別な何かを持っている」と話す。

 五輪での2人の試合は、進一選手が8月10日、健一選手が翌11日。弟が「先に金メダルを取って(兄に)重圧をかける」と言えば、兄も「絶対に負けたくない」と意気込んでいる。(飯島健太、富田祥広)

■鉄の強さ、肌で感じた

 私は小学1年から大学までレスリングをしていた。2人とは同い年。15年前に知り合って以来、試合や遠征などで彼らの強さを肌で感じてきた。

 健一とは同じ階級で、中学、高校時代に全国大会で2度対戦した。組み合い、押したり引いたりして体勢を崩そうとしても、びくともしない。全身がしなやかな鉄のようで、2度とも大差で負けた。

 大学は別だったが、日本代表選手らの合同練習で年10回ほど一緒だった。いつも「スパーリングやらへんか」と声をかけられた。格下の私になぜ? 「自分が苦手な戦い方をする選手から学ぶことは多い。技を試すチャンスでもあるしな」

 進一とも別の大学だったが、1年の時、強豪国イランでの合宿で1カ月間、一緒に過ごした。宿泊先の食事は3食とも羊の肉をパイ生地で巻いたケバブ。私は単調なメニューに飽き、食欲も力も出なくなったが、進一は稽古の帰りに牛乳やヨーグルト、ピスタチオを買っていた。栄養価が高くスタミナ源になるからだ。

 置かれた環境の中で最善の方法を考え、体調を万全に整えて力を出しきる。彼らはいつも、そのことを考えていた。

 6月、5年ぶりに2人と再会した。「最近、やっとレスリングの取り組み方がつかめてきた」。2人は口をそろえた。練習、食事、それに息抜き。勝つために何をすればいいか理解できるようになったという。2人とも、あの頃よりさらに強くなった。そう確信できた。(社会部・飯島健太)

     ◇

 〈双子の五輪代表〉 夏季大会は1984年ロサンゼルス五輪マラソン男子の兄・宗茂さんと弟・猛さん以来28年ぶり。冬季は98年長野五輪ノルディックスキー複合に出場した兄・荻原健司さんと弟・次晴さんがいる。

 兄弟の同時出場は、68年メキシコ五輪重量挙げの三宅義信・義行兄弟のほか、96年アトランタ五輪柔道には中村佳央・行成・兼三の3兄弟が出場。姉妹では2004年アテネ、08年北京両五輪レスリングの伊調千春・馨姉妹、兄妹ではアテネ五輪陸上ハンマー投げの室伏広治・由佳兄妹ら。ロンドン五輪には体操の田中和仁・理恵・佑典の3きょうだいが出場する。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース