RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年7月30日5時23分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

素質見抜いた監督と二人三脚の大舞台 重量挙げ・八木

写真:女子53キロ級に出場し、スタンドに手を振る八木かなえ=AFP時事拡大女子53キロ級に出場し、スタンドに手を振る八木かなえ=AFP時事

写真:八木かなえ選手(左)と横山信仁監督=6月18日、金沢市末町の金沢学院東高拡大八木かなえ選手(左)と横山信仁監督=6月18日、金沢市末町の金沢学院東高

【第3日、重量挙げ女子53キロ級】

 152センチの体が100キロを超すバーベルを持ち上げる。重量挙げ女子53キロ級の八木かなえ選手(20)。その素質にほれ込んだ監督に見守られ、大舞台に挑んだ。

 神戸市出身。5歳から体操を始め、跳馬が得意だった。中学2年には全日本ジュニア体操選手権(2部)で総合7位になった。

 転機は2007年、中学3年の秋。見学に訪れた兵庫県立須磨友が丘高校で、ウエートリフティング部の練習場に立ち寄った。「練習してみてもいいですか」。思い切って聞いた。

 同部監督で、現在は金沢学院大ウエートリフティング部の横山信仁監督(63)は、重りをつけずにシャフトと呼ばれる棒だけを持たせた。「君、何やっとったんや」。その姿勢を見て直感した。「すぐにチャンピオンにしてやる」

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース