現在位置:
  1. asahi.com
  2. バンクーバーオリンピック
  3. アルペンスキー
  4. ニュース
  5. 記事

日本勢を支える外国人コーチ〈雪上編〉

2010年2月5日10時59分

写真:モーグルのヤンネ・ラハテラ・コーチ=飯塚晋一撮影拡大モーグルのヤンネ・ラハテラ・コーチ=飯塚晋一撮影

 日本の雪上競技の外国人コーチのなかで、選手として一番華やかな経歴を持つのは、モーグルのチーフコーチ、ヤンネ・ラハテラ(35)だ。

 フィンランドのモーグル男子五輪代表として1998年長野銀、2002年ソルトレーク金メダル。06年トリノで引退した後、自ら売り込み、来日した。上村愛子(北野建設)をはじめ、選手たちが口癖のように話すのは「世界一のターンの名手に教わっている」ことへの信頼感だ。4大会連続出場の上村らベテラン勢は現役時代の切れ味鋭い滑りを知っているから、より尊敬の念が増すようだ。

 開催地カナダのモーグルチームには、かつて日本を指導したコーチがいる。カナダ出身のドミニク・ゴーティエ(36)はトリノで、米国出身のスティーブ・ファーレン(44)は里谷多英が金メダルを獲得した長野と、銅メダルを取ったソルトレークで日本のコーチだった。

 日本ジャンプ陣の復活に向け、カリ・ユリアンティラ(56)がヘッドコーチに招かれたのは05年7月だった。母国フィンランドのヘッドコーチ時代は、W杯通算46勝のマッチ・ニッカネンらを指導。6季の在任中に、五輪と世界選手権で計7個の金メダルをもたらした理論派だ。現役時代の77〜78年シーズンのジャンプ週間で総合優勝を果たした実績もある。厳しいトレーニングを課すことで有名で、就任当初は日本選手と摩擦もあった。だが、今は「団体戦でメダル獲得」という目標に向かって一緒に歩む。団体戦でフィンランドは日本と表彰台の一角を争うライバルとなる。

 02年ソルトレーク五輪の後に、アルペン王国・オーストリアからチーフコーチとして招かれたゲオルグ・ヘルリゲル(48)は「変革」を求めた。日本勢は得意の回転種目に特化してきたが、スイスなど強豪国を指導した経験から「2種目以上の練習とレースを経験させる」と宣言。回転では得られないスピード感とバランス感覚を養い、スキー技術の幅を広げる狙いだった。この方針で素質を開花させたのが佐々木明(エムシ)。根っからのスキー好きは滑降まで挑戦し、回転では日本勢最高のW杯2位を3度も記録した。バンクーバーでは、前回トリノの回転金メダリストで滑降などを含むオールラウンダーで有名なベンヤミン・ライヒら、チーフコーチの母国の高い壁に日本勢は挑む。

 距離チームの練習メニューを決めるのがイタリア出身のファビオ・ギザフィ(41)の役割だ。シーズンオフは母国から各選手とメールでやり取りし、過去最強の日本距離チームを作り上げた。選手としての目立った実績はなく、若くして指導者の道を歩んできた。自ら成し得なかったメダル獲得を日本選手に果たしてもらうのが夢だ。(敬称略)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

お使いのパソコンの時刻情報を元に日本時間と−17時間の時差を反映したバンクーバー時間を表示しています。海外での利用時にはパソコンの時刻情報を日本時間に設定しない限り正しく表示されませんのでご容赦ください。

メダル獲得ランキング

(日本時間)03月01日(月)07時58分現在

順位 金メダル 銀メダル 銅メダル
1 国旗カナダ 14 7 5
2 国旗ドイツ 10 13 7
3 国旗米国 9 15 13
4 国旗ノルウェー 9 8 6
5 国旗韓国 6 6 2
20 国旗日本 0 3 2
twitter こちらから

バンクーバーの歩き方

バンクーバー早分かり

バンクーバー早分かり

バンクーバーの見どころをエリアごとにわかりやすくご案内。交通情報も網羅し、初めての人も安心して「歩ける」情報満載です。

ウィスラーの歩き方

ウィスラーの歩き方

もうひとつのメーン開催地・ウィスラーは世界でも人気のウィンターリゾート。観光スポ ットなど滞在に役立つ情報をご案内します。