現在位置:
  1. asahi.com
  2. バンクーバーオリンピック
  3. フリースタイルスキー
  4. ニュース
  5. 記事

フリースタイルスキー

栄冠へ 敵は自分 モーグル女子・上村らが抱負

2010年2月10日11時7分

写真:初めて五輪コースで練習した上村愛子=飯塚晋一撮影拡大初めて五輪コースで練習した上村愛子=飯塚晋一撮影

 バンクーバー五輪で上村愛子(北野建設)にメダルの期待がかかる13日(日本時間14日)のモーグル女子で、手ごわいライバルとして立ちはだかるのがトリノ五輪金のジェニファー・ハイル(カナダ)と昨季W杯種目別女王ハナ・カーニー(米)だ。今季のW杯種目別順位は1位ハイル、3位カーニーで、上村は6位とやや精彩を欠く。五輪会場で公式練習がスタートした8日、3人がそれぞれに抱負を語った。

 「久しぶりに山に来て楽しくて、はしゃいで滑っちゃった」。五輪コースを初試走した上村は上機嫌だった。雪不足でコース整備が遅れ、現地入り後、ようやく雪に触れたのがうれしかったようだ。心配されたコース状態も「滑りやすかった。日本チームに合っている」。コブとコブの間隔が狭く、ターン技術の巧拙が勝負を分けそうなコースを前向きにとらえた。

 北米が舞台だった1月のW杯5試合は未勝利。一度帰国し、直前の福島合宿で「ゆっくり自分の滑りを考えられた」ことで、好転のきっかけをつかんだという。

 W杯4連勝と絶好調で五輪に挑んでくる前回女王ハイルについて聞かれると、「選手としてすごく尊敬できる人。でも、私は誰かと戦って勝ちたいという気持ちがない。とにかく自分の技術をしっかり出したい。あまり敵対心がない」。ライバルへの過剰な意識より、自分の滑りに集中することが大切だと話した。

 採点競技の特性もあるのだろうが、ライバル2人も「自分との戦い」を強調した。

 ハイルは上村を意識するか、と聞かれて「アイコは素晴らしい技術がある。一緒に試合をするのは刺激にもなる。でも、私の究極の喜びは自分がスキーでうまくなること。だから、最後は自分自身との戦いになる」。

 同じく、上村の脅威について聞かれた今季2勝のカーニーも「昨年の世界選手権で優勝したときのアイコの滑りは誰もかなわなかった。ただ、今季の実績からすればハイルが本命と言わざるを得ない。でも、採点競技だから自分自身が最大のライバル。今は自分との戦いに勝つ自信もある」と強気に宣言した。(サイプレスマウンテン=稲垣康介)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

お使いのパソコンの時刻情報を元に日本時間と−17時間の時差を反映したバンクーバー時間を表示しています。海外での利用時にはパソコンの時刻情報を日本時間に設定しない限り正しく表示されませんのでご容赦ください。

メダル獲得ランキング

(日本時間)03月01日(月)07時58分現在

順位 金メダル 銀メダル 銅メダル
1 国旗カナダ 14 7 5
2 国旗ドイツ 10 13 7
3 国旗米国 9 15 13
4 国旗ノルウェー 9 8 6
5 国旗韓国 6 6 2
20 国旗日本 0 3 2
twitter こちらから

バンクーバーの歩き方

バンクーバー早分かり

バンクーバー早分かり

バンクーバーの見どころをエリアごとにわかりやすくご案内。交通情報も網羅し、初めての人も安心して「歩ける」情報満載です。

ウィスラーの歩き方

ウィスラーの歩き方

もうひとつのメーン開催地・ウィスラーは世界でも人気のウィンターリゾート。観光スポ ットなど滞在に役立つ情報をご案内します。