現在位置:
  1. asahi.com
  2. バンクーバーオリンピック
  3. ニュース
  4. 記事

日本復活へ中韓研究 橋本団長が総括

2010年3月2日11時18分

写真:会見で大会を総括する日本選手団の橋本聖子団長=飯塚晋一撮影拡大会見で大会を総括する日本選手団の橋本聖子団長=飯塚晋一撮影

 バンクーバー五輪日本選手団の橋本聖子団長が大会最終日の2月28日、現地で総括の記者会見をした。主なやり取りは次の通り。

 ――長野のメダル10個を超えるのが一つの目標だったが、日本は5個だった。

 「入賞が26種目あり、トリノ五輪(入賞21種目)を上回っていた。選手らは頑張ったと思う。しかし、雪の競技でメダルを取れず、責任を感じている」

――メダル獲得数でほかのアジア勢が躍進したが。

 「韓国は46選手で14個のメダルを取った。国家を挙げて競技の強化に取り組んでいて、彼らを見ていると安定感があった。メダリストへの報奨金だけでなく、年金、兵役免除などが士気を上げている一つの要因でもあるのだろう。国を代表する思いも強いと思った。体格の変わらない韓国、中国勢の驚異的な伸びの中で見えてきたものがある。それを研究して選手に伝えたい」

 ――競技の強化に何が必要か。

 「国家としてスポーツにどう取り組んでいくかが大切だと思う。マイナーであるがゆえに自分たちで予算を工面できない競技もある。研究費、開発費を国から見てもらえたら、選手の層は厚くなると思う。国とそれぞれの競技団体は話し合い、プラスになるものを受け入れていかないと」

 ――一部選手の服装の乱れなど、行動規範が問題になったが。

 「問題のあった競技団体には組織としての反省と検証、今後の対策を報告してもらえるようにお願いした。ワールドカップや世界大会と比較にならないほど、五輪が周囲に与える影響は大きい。選手はみんなに支えられている自覚を持ってほしい。競技以外のところでも、人間力を上げさせるようにしたい」(村上尚史)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

お使いのパソコンの時刻情報を元に日本時間と−17時間の時差を反映したバンクーバー時間を表示しています。海外での利用時にはパソコンの時刻情報を日本時間に設定しない限り正しく表示されませんのでご容赦ください。

メダル獲得ランキング

(日本時間)03月01日(月)07時58分現在

順位 金メダル 銀メダル 銅メダル
1 国旗カナダ 14 7 5
2 国旗ドイツ 10 13 7
3 国旗米国 9 15 13
4 国旗ノルウェー 9 8 6
5 国旗韓国 6 6 2
20 国旗日本 0 3 2
twitter こちらから

バンクーバーの歩き方

バンクーバー早分かり

バンクーバー早分かり

バンクーバーの見どころをエリアごとにわかりやすくご案内。交通情報も網羅し、初めての人も安心して「歩ける」情報満載です。

ウィスラーの歩き方

ウィスラーの歩き方

もうひとつのメーン開催地・ウィスラーは世界でも人気のウィンターリゾート。観光スポ ットなど滞在に役立つ情報をご案内します。