現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪競技一般
  4. 記事
2012年7月5日20時6分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ロンドン五輪日本選手団、514人に 過去2番目の規模

関連トピックス

 ロンドン五輪の選手、監督、コーチらを含めた日本選手団が5日現在で514人に達し、2008年北京五輪の576人に次ぐ史上2番目の規模になることになった。5日、日本代表選手団の第2回監督会議で報告された。

 選手は293人で3大会ぶりに300人を下回ったが、監督などのスタッフが5日現在で221人になり、さらに増える見込みだという。選手数によって割り振られるスタッフの身分証の運用が変わり、従来は1度だった名義変更が2度できるようになった。日程が終了した種目から次の種目へと転用の幅が広がり、手厚い支援ができる。

 日本は、バスケットボール、ハンドボール以外の24競技に出場し、選手数は男子137人、女子156人。最年長は馬術の法華津寛(アバロン・ヒルサイドファーム)で71歳、最年少は競泳の渡部香生子(JSS立石)で15歳。全体で金メダル16〜18個の獲得を目指し、世界5位になることを目標に掲げている。

 また、開会式の時間短縮のため、入場行進できる役員数が減ったことも報告された。日本選手団の行進は北京の240人弱から半減する見通しという。

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース