RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年7月12日20時15分
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィンブルドン、次は五輪 芝の再生、急ピッチ

写真:五輪に向け、衣替えが進むオールイングランド・クラブのコート=ロイター拡大五輪に向け、衣替えが進むオールイングランド・クラブのコート=ロイター

 8日に閉幕したテニスのウィンブルドン選手権。「芝の聖地」と称される会場のオールイングランド・クラブでは、28日からロンドン五輪のテニス競技が始まる。選手の激闘ではげ上がった芝を、急ピッチで修復しようという作業が進んでいる。

 クラブには芝のコートが全部で19面ある。主に選手権で使用されるセンターコートは通常、1年がかりで修復、整備を施すという。しかし、今年は約3週間で、芝を青々とした状態に戻さなければならない。

 そこで、傷みの激しいベースライン付近の芝をはがし、少し発芽させた種をまくことで成長にかかる時間を短縮。五輪を見据えて昨年の選手権終了後に行ったテストでは、期限内に芝を復元できたという。ロンドン五輪組織委員会のデビー・ジェバンス氏は「特にベースライン近くはいい仕上がりだった」と英メディアに語り、修復に太鼓判を押した。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース