RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年7月20日2時46分
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナダル、五輪欠場へ ひざ痛「もっとも残念な出来事」

 テニス男子の世界ランク3位で、2008年北京五輪の男子シングルスで金メダルを取ったラファエル・ナダル(スペイン)が19日、ロンドン五輪を欠場することを明らかにした。6月末にウィンブルドン選手権で2回戦で敗れ、その後、ひざに痛みを抱えていたという。「今は戦える状態にない。僕のテニス人生でもっとも残念な出来事」とコメントした。ナダルは開会式でスペインの旗手を務めることが決まっていた。(ロンドン=平井隆介)

     ◇

 ▼セメンヤ、南アの旗手に 南アフリカ五輪委員会は19日、陸上女子800メートルのキャスター・セメンヤ(21)が開会式の旗手を務めると発表した。セメンヤは2009年世界選手権で優勝した後に性別疑惑が持ち上がったが、国際陸連が医学的な検査をし、女性として競技会出場が認められた。

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース