RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年7月21日10時53分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の金メダル予想は7個 新聞購読者にネット調査

図:注目競技のエリア別内訳の一部注目競技のエリア別内訳の一部

 新聞社6社が20日、ロンドン五輪の注目競技などについて、購読者対象の共同調査の結果を発表した。日本の金メダル獲得予想数は7個だった。

 調査は、朝日新聞社、産経新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、中日新聞社の首都圏、近畿圏、中京圏、福岡県の購読者を対象に6〜11日、インターネットで実施し、計3603人から回答を得た(回答率73.8%)。広告の効果測定を主目的とした新聞社共通の調査プラットフォーム「J―MONITOR」を活用した。

 その結果、金メダル予想は「6〜10個」が54%で最も多く、平均7.1個。複数回答による注目競技の1位は水泳(66.8%)で、2位サッカー(62.5%)、3位体操(59.5%)と続いた。近畿圏はバレーボール、中京圏はレスリング、福岡県は柔道やバレーボールの注目度が高かった。地元ゆかりの選手の影響もあるとみられる。

 一方、時計メーカーのセイコーホールディングスによる4月のアンケート「ロンドン五輪で楽しみにしている競技」では、1位が水泳、2位がサッカー、3位が陸上という結果だった。全国の成人1240人にインターネットで調査。楽しみな理由は「日本選手がメダルを取れそうだから」という答えが最も多かった。

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース