RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 競泳・水泳
  4. 記事
2012年7月24日23時17分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

福島の思い、世界に届け ロンドン五輪出場の3選手

写真:【上】久保倉里美選手 【左下】加藤和選手 【右下】新田祐大選手【上】久保倉里美選手 【左下】加藤和選手 【右下】新田祐大選手

 昨年3月の東日本大震災は、多くのアスリートを揺さぶった。福島県にゆかりの深い選手たちは、原発事故が地域に刻んだ傷に悩み、考えてきた。「五輪の舞台でできること、伝えられることは何だろう」

■久保倉里美選手・陸上女子400障害

 陸上女子400メートル障害の日本記録保持者、久保倉里美選手(30)はあの日、練習が休みだった。母校福島大を拠点にしていた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

競泳・水泳最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース