RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年7月28日10時19分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

国・地域の「顔」、旗手の「表情」さまざま  

 国・地域の「顔」として、選手団を引き連れ行進した旗手。ともに五輪に初めて女子を派遣したブルネイはマジア・マフシン(陸上)、カタールはバヒヤ・ハマド(射撃)と女子を起用、ロシアもテニスのマリア・シャラポワが同国初の女性旗手となり「女性の大会」を印象付けた。

 開催国の英国、それに次ぐ規模の選手団を送った米国は、ともに選手の投票で旗手を決めた。英国は北京五輪の自転車トラック種目3冠のクリス・ホイ、米国はフェンシング女子サーブル個人で五輪3連覇を目指すマリール・ザグニスだった。

 競技別では、世界的に普及し、小国からの出場選手も多い陸上が全体の4分の1以上を占める。20人に上った柔道では、日本の流通経大卒の男子81キロ級、ジョサテキ・ナウルがフィジー選手団の先頭を歩いた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース