RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 体操・新体操
  4. 記事
2012年7月28日22時59分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

体操王者・中国、不安のスタート 「決勝進出も危ない」

【第2日、体操男子 予選】

 王者中国が不安を感じさせるスタート。男子の予選の第1班に登場し、団体総合の総得点は英国に次いで2位。メンバー交代で急きょ入った郭偉陽が、ゆかの着地でミスをするなど安定感を欠いた。郭偉陽は「本会場練習をしておらず、初めて器具を触ったので、うまく合わなかった」と表情を曇らせた。

 269.985点は英国より2点以上低い。その英国は、昨年の世界選手権東京大会予選10位で決勝を逃している。後の組には日本、米国、ドイツなど強豪が控える。報道関係者として来ている北京五輪個人総合王者の楊威さんは「すごく残念。(上位8チームの)決勝進出も危ない。進めたとしても厳しい種目順の演技になる」と語った。(藤島真人)

検索フォーム

体操・新体操 最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース