RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 柔道
  4. 記事
2012年7月29日22時20分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

旗判定くつがえる 海老沼が準決勝進出 柔道66キロ級

写真:男子66キロ級準々決勝で、チョ準好(下)を攻める海老沼匡=矢木隆晴撮影拡大男子66キロ級準々決勝で、チョ準好(下)を攻める海老沼匡=矢木隆晴撮影

 ロンドン五輪柔道男子66キロ級の海老沼匡(パーク24)の準々決勝で、旗判定がくつがえる異例の出来事があった。

 試合は延長戦を終えて決着がつかず、旗判定に。主審と副審の計3人は全員、相手のチョ準好(チョ・ジュンホ、チョは専の寸が日、韓国)の優勢を示す青旗を挙げた。ところが、試合判定について助言する3人の審判委員(ジュリー)からの指摘で判定はやり直しに。今度は全員が海老沼を優位とする白旗を挙げ、結果がくつがえった。

 全日本柔道連盟の吉村和郎・強化委員長は「この五輪を通じて、ジュリーが試合全体を止めて指摘することが多すぎだ。こんなことは今まで見たことがない。ただ、(海老沼が優勢だったので)向こうに旗が挙がること自体がそもそもおかしい」と語った。

検索フォーム

柔道 最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース