RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年7月30日7時39分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

北島、100平3連覇ならず ロンドン五輪第3日

 ロンドン五輪は第3日の29日、男子平泳ぎで3大会連続2冠を目指した北島康介は、100メートル決勝で59秒79の5位に終わった。優勝は58秒46の世界新記録を出したキャメロン・ファンデルバーグ(南アフリカ)。男子100メートル背泳ぎは入江陵介が全体4位で決勝へ。女子100メートル背泳ぎは、寺川綾が全体3位で決勝進出を決めた。

 柔道男子66キロ級は、海老沼匡が銅メダル獲得。準決勝で敗れたが、3位決定戦でパベウ・ザグロドニク(ポーランド)に一本勝ちした。準々決勝では、旗判定がくつがえる異例の出来事があった。女子52キロ級は、昨年の世界選手権覇者の中村美里が初戦の2回戦で敗退。北京五輪準決勝で負けたアン・グムエ(北朝鮮)に再び苦杯を喫した。

 アーチェリーの女子団体で日本がロシアとの3位決定戦を制し、銅メダル。この種目で日本女子がメダルを獲得するのは初めて。

 サッカー男子の1次リーグD組の日本は、モロッコを1―0で破って2連勝とし、1次リーグ突破を決めた。8強入りは3大会ぶり。同組の優勝候補スペインはホンジュラスに0―1で敗れ、1次リーグ敗退。

 体操女子予選は、日本が団体総合170.196点で6位に入り、31日の決勝に進んだ。1位は米国で181.863点。個人総合では、寺本明日香が8位、田中理恵は27位で決勝へ進んだ。種目別は段違い平行棒で鶴見虹子が決勝進出。

 テニス男子シングルス1回戦は、錦織圭がバーナード・トミック(オーストラリア)を7―6、7―6で破った。日本勢の男子シングルス勝利は88年ぶり。

 卓球女子シングルスは、石川佳純と福原愛が、初戦の3回戦を突破した。

 バドミントンの混合ダブルス1次リーグB組は池田、潮田組がカナダ組に勝ち、通算1勝1敗とした。女子ダブルス1次リーグB組の藤井、垣岩組は2連勝。シングルス1次リーグN組は佐々木翔が決勝トーナメント進出を決めた。

 重量挙げ女子53キロ級、八木かなえは12位。

 ボート男子軽量級ダブルスカルは武田、浦組が3位で敗者復活戦にまわった。

 ホッケー女子1次リーグに登場した日本は英国に0―4で敗れ、黒星発進。

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース