RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 競泳・水泳
  4. 記事
2012年7月30日10時38分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

北島「見ての通り」 らしさ消え、淡々と五輪の難しさ

図:北島康介語録拡大北島康介語録

写真:北島康介選手を拍手でたたえるキタジマアクアティクスの会員ら=30日午前4時19分、東京都渋谷区拡大北島康介選手を拍手でたたえるキタジマアクアティクスの会員ら=30日午前4時19分、東京都渋谷区

【第3日、男子100メートル平泳ぎ 決勝】

 あの北島選手は、どこへ行ったのか。そこには「らしくない彼」がいた。

 タッチをし、顔を上げ、電光掲示板を確かめる。

 右隣のコース、ハンセン選手(米)に近づく。北京五輪後に一度は引退した1歳上のライバルが、復活し銅メダルを獲得したのを、握手で祝福した。左隣のコース、銀メダルのスプレンガー選手(豪)とも、言葉をかわす。

 本当ならその間の自分が金メダルだった――。

 優勝したファンデルバーグ選手(南アフリカ)の方を見やり、首を振る。口元を締め、けわしい表情で掲示板を見続けた。

 十数分後、記者らの前に現れた北島選手は「見ての通りです」と切り出した。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

競泳・水泳最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース