RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 競泳・水泳
  4. 記事
2012年7月31日7時15分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

北島はこのまま終わらない〈萩原智子の目〉

 日本のエース北島康介選手は、苦しみ、必死にもがいていた。今大会の「苦しみ」は、自分自身の中にある。迷いが生じ、かみ合わず、キレのない泳ぎ。彼の特徴である大きく伸びのある泳ぎが見られなかった。

 5位の100メートル。今までプレッシャーの中でも結果を残してきた彼が、精神的な部分で崩れたとは言い難い。ロンドン入り直前、気になることがあった。拠点を置くアメリカから一時帰国し、最終調整を行ったプールで「日本の暑さでバテ気味。まだ疲れが抜けていない」と口にしていた。

 4月の代表選考会で自己記録を更新して、年齢が上がっても進化できると証明してくれた。しかし、疲労を抜くのに時間もかかる年齢になっているのは確かだ。スピードを必要とする100メートルは、泳ぎにキレがないと、焦ってしまい、泳ぎのバランスが崩れる。今年、30歳。想像以上に体の疲れが抜け切れていないと感じていたはずだ。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

競泳・水泳最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース