RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 競泳・水泳
  4. 記事
2012年7月31日8時20分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

速すぎるスイマーにドーピング騒動 16歳の葉詩文

 16歳の天才スイマーが、ドーピング騒動に巻き込まれている。女子400メートル個人メドレーで、4分28秒43の世界新をマークして優勝した中国の葉詩文。根拠のない疑惑が先行し、国際オリンピック委員会(IOC)は火消しに躍起だ。

 同種目はバタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、自由形の順に100メートルずつ泳ぐ。葉は28日の決勝で、残り50メートルを28秒93で泳ぐ驚異的なラストスパート。同じ日の男子400メートル個人メドレーで優勝したライアン・ロクテ(米)の29秒10を上回った。しかも、女子選手が高速水着時代の世界記録を超えたのは初めてで、疑惑に火がついた。

 30日、IOCのリュンクビスト医事委員長が出席した大会の定例記者会見で、葉の速さを疑う声が記者から相次いだ。リュンクビスト委員長は「急激な記録向上でドーピングが疑われるなら、スポーツの危機だ」と否定に追われた。

 ロクテは「一緒にレースしていたら、彼女は僕を負かしたかもしれないね」と話している。(由利英明)

検索フォーム

競泳・水泳最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース