RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 競泳・水泳
  4. 記事
2012年7月31日11時12分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

「いけいけ、さとみ」 山梨学院大で鈴木選手に大声援

写真:鈴木聡美選手の銅メダルに喜びを爆発させる山梨学院大の水泳部員たち=甲府市酒折2丁目拡大鈴木聡美選手の銅メダルに喜びを爆発させる山梨学院大の水泳部員たち=甲府市酒折2丁目

 ロンドン五輪の競泳女子100メートル平泳ぎ決勝が31日未明にあり、山梨学院大4年の鈴木聡美選手が1分6秒46で銅メダルを獲得した。甲府市酒折2丁目の同大では水泳部員ら約60人が喜びあった。

 スタート直前、米国選手が先にプールに飛び込むハプニング。レースは一度、仕切り直しとなった。

 テレビ放送でその様子を見守っていた水泳部員らは、鈴木選手が平常心を保てるか心配したが、鈴木選手は笑顔を見せた。

 会場からは「ニコニコしてる!」「心臓に毛が生えてるんじゃない?」との笑いも起こった。

 そしてスタート。前半の50メートルを31秒39の6位で折り返すと、会場からは「いけいけ、さとみ」と大きな声援。後半に追い上げを見せ、スクリーンに3位の結果が出ると、会場は喜びであふれかえった。

 種目が同じで大学入学時から一緒に練習に励んできたという村上優海(ゆうみ)主将(22)は「近くで、苦しみを乗り越えるところを見てきた。努力が報われたと思う。私もうれしいです」。

 綿谷健佑(けんすけ)コーチ(26)は「前半のタイムは、鈴木が持っている50メートル平泳ぎの日本記録31秒40を上回っていた。だからこそ後半、あそこまで追い上げることができた。よくやったと思います」とたたえた。

 鈴木選手は日本時間の8月1日午後6時50分ごろ(日本オリンピック委員会発表、22日時点)から、200メートル平泳ぎにも出場。2種目でのメダル獲得に期待がかかる。(内田光)

検索フォーム

競泳・水泳最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース