RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. ニュース
  4. 記事
2012年8月1日6時19分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

バタフライ松田、2大会連続の銅 柔道女子・上野も銅

写真:男子200メートルバタフライで3位になり、2位のフェルプス(左)と握手する松田丈志=樫山晃生撮影拡大男子200メートルバタフライで3位になり、2位のフェルプス(左)と握手する松田丈志=樫山晃生撮影

写真:銅メダルを掲げる上野順恵=矢木隆晴撮影
拡大銅メダルを掲げる上野順恵=矢木隆晴撮影

写真:女子シングルス準々決勝でワン・ユエグを破り、準決勝進出を決めた石川佳純=西畑志朗撮影拡大女子シングルス準々決勝でワン・ユエグを破り、準決勝進出を決めた石川佳純=西畑志朗撮影

 ロンドン五輪第5日の31日、柔道女子63キロ級の上野順恵(よしえ、三井住友海上)は準々決勝で敗れたが、3位決定戦でモンゴル選手に勝って銅メダルを獲得した。男子81キロ級の中井貴裕(流通経大)は準々決勝で敗れ、3位決定戦でもロシア選手に敗れてメダルを逃した。

 競泳は男子200メートルバタフライ決勝で松田丈志(コスモス薬品)が1分53秒21で銅メダルを獲得した。松田は同種目で北京五輪の銅メダルに続く2大会連続のメダル獲得。男子200メートル平泳ぎで3連覇を目指す北島康介(日本コカ・コーラ)と、立石諒(NECグリーン)がともに決勝進出を決めた。女子200メートルバタフライで星奈津美(スウィン大教)も決勝進出を果たした。

 卓球女子シングルスでは、初出場の石川佳純(全農)がシングルスで日本初の4強入りを果たしたが、準決勝で李暁霞(中国)に敗れ、3位決定戦に回った。3大会連続出場の福原愛(ANA)は準々決勝で敗れた。

 3大会連続の決勝トーナメント進出を決めていたサッカー女子日本代表(なでしこジャパン)は南アフリカとの1次リーグ最終戦を0―0で引き分け、通算1勝2分け(勝ち点5)のF組2位で通過。準々決勝でE組2位のブラジルと対戦する。

 体操の女子団体総合決勝で日本は8位だった。優勝は米国。フェンシング男子フルーレ個人で、北京五輪銀メダルの太田雄貴(森永製菓)は3回戦敗退。テニスの男子シングルスでは錦織圭が2回戦を突破した。バドミントンの混合ダブルス1次リーグ最終戦で、池田信太郎、潮田玲子組(日本ユニシス)はデンマークのペアに敗れて通算1勝2敗となり、予選敗退が決まった。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース