RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月1日8時56分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

福原、世界女王に完敗 「勝ち急いでしまった」

写真:女子シングルス準々決勝で、丁寧に敗れた福原愛=西畑志朗撮影拡大女子シングルス準々決勝で、丁寧に敗れた福原愛=西畑志朗撮影

【第5日、卓球女子シングルス】

 福原は、一昨年の世界選手権女王の丁寧に完敗だった。第1ゲーム10―6でゲームポイントを握ったが、「勝ち急いでしまった。すごく大事だったのに」。焦ってミスを重ね、相手の有利なラリー戦に持ち込まれ、13―15で奪われた。好機を逃すと、もう流れは戻らなかった。試合後、団体戦のチームメート平野が出迎えてくれた。こらえていた涙があふれ、1分余り抱き合った。「団体戦でメダルを取りたい」

 日本卓球「初」のメダルを目指し、福原愛選手(23)が準々決勝で世界王者の丁寧選手(中国)に挑んだ。身長差15センチ。高い位置の左腕からの力強い打球に少しずつ追い詰められた。立ち上がりこそ先行したものの、ストレート負けだった。

 「練習してきたものは全部出したと思う。持っているものは出せた」。そう振り返った。

■団体戦へ福原の決意 仙台へメダル持ち帰る

 東日本大震災の被害を受けた仙台にメダルを持ち帰る――。3度目の五輪には、特別な思いを抱いて臨んでいる。

 仙台は生まれ育った街だ。宮城県内にある親戚の家も流された。「ショックで涙が止まらなかった」

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース