RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月1日9時58分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

潮田の五輪、晴れやかに幕 「悔いはない」

写真:五輪最後の試合を終え、池田信太郎(右)と握手する潮田玲子=西畑志朗撮影拡大五輪最後の試合を終え、池田信太郎(右)と握手する潮田玲子=西畑志朗撮影

【第5日、バドミントン混合ダブルス】

 バドミントン混合ダブルスに出場した潮田玲子選手(28)が31日、最後の五輪を終えた。9月に東京である国際大会での引退を表明している潮田選手は、1次リーグ敗退が決定。日本から応援に来た家族に手を振りながら、晴れやかな笑顔でコートを去った。

 「五輪は最後だし、この4年間の集大成。どんな結果になっても、元気にコートに立つから」

 試合の2時間前、潮田選手は母親の睦子さん(54)にメールを送った。勝てば準々決勝進出の可能性があったが、デンマークペアにストレート負けした。「もうこの舞台に一生立てないさみしさはあるが、4年前より気持ちはすっきりしている。やってきたことに悔いはない」

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース