RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月1日22時41分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

竹下と大友、変幻自在のコンビプレー バレー女子

写真:ドミニカのブロックをかわしてスパイクを放つ大友=ロイター拡大ドミニカのブロックをかわしてスパイクを放つ大友=ロイター

【第6日、バレーボール女子 日本3―0ドミニカ共和国】

(25―20、25―19、25―23)

 7月30日夜の試合から一転、開幕戦と同じ午前9時30分と開始時刻の早い試合。それでも、日本の速いバレーは健在だった。

 圧巻は第2セットの序盤にみせた竹下―大友のコンビプレー。4点目はスピードを生かし、相手のブロックが跳んでくる前にスパイク。6点目は、同じような動きでも、タイミングをずらしてブロックが落ちていくのを待って打ち抜いた。「(事前の)スイス合宿からやり出したプレー。サインです」と大友はうなずいた。

 変幻自在のコンビプレーを、2人は楽しんでいる。ともに1度はバレーをやめ、魅力を再認識して代表に戻ってきた。「どこまで極められるか」(大友)。戦友のようにプレミアリーグのJTから高め合ってきた2人。「ずっと(大友とは)やっているので、トスはあげやすい」と竹下も手応えをにじませる。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース