RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月2日6時49分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本に寄り添う童顔の英雄 復興支援のインドネシア代表

写真:バドミントンの男子シングルスで8強入りを逃したヒダヤト=AFP時事拡大バドミントンの男子シングルスで8強入りを逃したヒダヤト=AFP時事

【第6日、バドミントン男子シングルス】

 「ベビーフェース」の愛称で親しまれる30歳は、完敗にも淡々としていた。「おそらくこれが最後の五輪」。バドミントン男子シングルスでアテネ五輪金メダルのタウフィック・ヒダヤト(インドネシア)は1日、北京五輪金の林丹(中国)に16強で敗れた。

 派手なプレーで「天才」と呼ばれ、母国では英雄だ。一方、インドネシア協会の強化方針とたびたび対立してきた。そんな男が昨年6月、日本の実業団で指導するインドネシア人コーチに電話をかけた。

 「日本のためになにかできないか」

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース