RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月2日6時55分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

バドミントン藤井・垣岩組4強 「失格騒動」の余波も

写真:女子ダブルスで準決勝進出を決め、喜び合う藤井瑞希(右)と垣岩令佳=AFP時事拡大女子ダブルスで準決勝進出を決め、喜び合う藤井瑞希(右)と垣岩令佳=AFP時事

【第6日、バドミントン女子ダブルス 準々決勝】

 日本勢として2大会連続4強入りの快挙とは思えないほど、女子ダブルスの藤井と垣岩はぶぜんとしていた。

 海外メディアから質問されたときのこと。「1次リーグでわざと負けたのか」と問われ、藤井は語気を強めた。「あり得ない。相手が強かった」

 女子ダブルスの4ペアが「無気力試合」をして失格した問題は、この2人にも波及した。前日の1次リーグ最終戦で台湾ペアに0―2で負け、B組2位になったことが意図的だったと、インドが世界連盟に訴えた。インドはこの試合結果を受けて、B組3位になった。連盟から「問題なし」と判断されたが、2人にはその質問が続いた。藤井はさらにいらだった。「もうその話、やめてもらえませんか」

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース