RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月3日1時14分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

早川「日韓に感謝したい」 銅獲得後の批判には葛藤も

写真:女子個人3回戦で韓国の奇甫倍に敗れた早川漣=西畑志朗撮影拡大女子個人3回戦で韓国の奇甫倍に敗れた早川漣=西畑志朗撮影

 団体で初の銅メダルを達成した女子アーチェリー。個人戦で2日に日本のエース、早川漣(れん)選手(24)が対戦したのは、母国の奇甫倍選手(24)だった。韓国時代からよく知る同期の選手だ。

 「相手は格上。自分はチャレンジャーだから気持ちは楽だったんですけど」。3セットともとれずに完敗した後、いつものように素っ気なく話した。

 銅メダルをとった翌日。早川選手の表情が陰っていた。新海輝夫チームリーダーは、すぐ察しがついた。日本のネット掲示板に自分への批判が書き込まれているのを、また、見てしまったのだ。「何のためメダルをとったんだろうと、心が折れました」と早川選手。

 韓国・全州出身。姉の浪(なみ)さん(27)を追うように日体大に入学。3年前に日本国籍を取り、女子アーチェリーを引っ張る存在になった。

 だが、日本に来たのも、国籍を変えたのも、もとはアーチェリーのためではなかった。家庭の都合があったし、韓国での厳しい選手生活に区切りをつけたかった。日本国籍の方が奨学金を借りやすいとも聞いた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース