RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月2日23時38分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

中国選手団が謝罪、同情の声も バドミントン失格問題

 ロンドン五輪の女子バドミントンで、負けを狙った「無気力試合」をしたとして4組8人が失格になった問題で、バドミントンの中国代表団は2日、役員や選手に謝罪させた。世論も「失格やむなし」の声が優勢だが、「ルールが悪い」と選手らに同情的な声も根強い。

 国営新華社通信は2日、中国代表団スポークスマンの「選手の行為は確かに五輪の精神に背いていた。代表団は役員と選手に厳しい批判と教育を行い、深い反省と公開の謝罪を求めた」との発言を配信。前回夏季五輪開催国のイメージを損なう事態だけに速やかな火消しを図った。

 失格になった1人、于洋選手は中国版ツイッター「微博」で1日夜、「さよなら愛するバドミントン」と投稿、現役引退を表明した。

 世論も沸騰した。中国版ツイッターの調査では、2日夕現在、失格を支持する人が46%に達した一方、「競技ルールには背いていない」と反対の人も27%いた。

 中国中央テレビの人気キャスター白岩松氏は、ロンドンからの中継で「国際オリンピック委員会の老人が決めた荒唐無稽なルールの責任を選手に負わせるのは不合理だ」と言い切った。(北京=林望)

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース