RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月3日7時9分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーグ戦導入が裏目 バドミントン失格問題、広がる余波

写真:なぜ無気力試合?(グレーは失格)拡大なぜ無気力試合?(グレーは失格)

写真:競技役員から話を聞く中国ペアの于洋、王暁理組(奥)と韓国ペア(手前)=ロイター拡大競技役員から話を聞く中国ペアの于洋、王暁理組(奥)と韓国ペア(手前)=ロイター

 ロンドン五輪の女子バドミントンで、負けを狙った「無気力試合」をしたとして4組8人が失格になった。「やるからには勝ちを目指すべきだ」「戦略として当然」。中国では失格になった選手が引退を表明し、代表団が謝罪するなど余波が広がる。

■意図的にアウト 素振りで不調「演出」

 たびたびサーブがネットに引っかかる。アウトになるように意図的に外に打ち出すケースも。女子ダブルス1次リーグ最終戦の中国ペアと韓国ペアの対戦。見かねた審判が注意すると、素振りを繰り返して不調を「演出」したが、動きは明らかに緩慢だった。満員に近い観客からは地鳴りのようなブーイングが響いた。直後の韓国とインドネシアの対戦でも同様のことが起きた。

 この4ペアは最終戦を前に決勝トーナメント進出を決めており、最終戦の勝敗で準々決勝の相手が決まることになっていた。強敵と対戦しないよう、または同じ国のチーム同士がぶつからないよう、それぞれ負けを狙ったとされる。失格処分の理由は「試合に勝つために最大の努力をしなければならない」という世界バドミントン連盟規則に抵触したためという。

 世界ランク1位の中国ペアの1人、于洋選手は試合後こう答えた。「これはリーグ戦。明日の準々決勝に備えて体力を温存した」

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース