RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 柔道
  4. 記事
2012年8月3日0時32分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

男子柔道、「金ゼロ」の危機 100キロ超級、最後の砦

写真:男子100キロ級2回戦でクルパレクに敗れた穴井隆将=森井英二郎撮影拡大男子100キロ級2回戦でクルパレクに敗れた穴井隆将=森井英二郎撮影

表:日本男子柔道は金をとり続けてきた拡大日本男子柔道は金をとり続けてきた

 優勝候補の一人だった柔道男子100キロ級の穴井隆将が2回戦でクルパレク(チェコ)に負けると、会場はどよめきに包まれた。相手にともえ投げから寝技に持ち込まれ、身動きできないほどしっかり抑え込まれた。

 しばらくして、女子78キロ級の緒方亜香里もフェルケルク(オランダ)に残り23秒で逆転の技ありを奪われ、敗れ去った。

 「これが勝負だと思う。応援してくれた人たちへ、ありがとうございますという気持ちと、勝てなくて申し訳ありませんという気持ちです」。穴井は声を震わせて話した。

 柔道は男女とも全7階級のうち6階級が終了。日本は女子の松本薫が57キロ級で金メダルを獲得した。ただ、男子は四つのメダルを手にしたものの、いまだに金メダルはない。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

柔道 最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース