RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 柔道
  4. 記事
2012年8月4日7時44分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

柔道日本男子、金ゼロの「屈辱」 国際化進み選手疲弊

写真:男子の試合が終わり、会場を出る篠原信一監督=森井英二郎撮影拡大男子の試合が終わり、会場を出る篠原信一監督=森井英二郎撮影

図:柔道男子の国・地域別の獲得メダル拡大柔道男子の国・地域別の獲得メダル

 五輪でとり続けてきた柔道の日本男子の金メダルが3日、途絶えた。日本柔道界は大きな衝撃を受けるが、その序章はすでに始まっていた。

 2回戦。100キロ超級で世界ランク11位の上川大樹選手は、同18位のマカラウ選手(ベラルーシ)に敗れた。

 控室に戻る上川選手の目はうつろだった。ミックスゾーンで記者に囲まれると、その場から早く立ち去ろうとした。「もう、行っていいですか」。いたたまれないように、何度も言った。篠原信一・男子監督は監督を辞任する可能性も示唆した。

 北京五輪から4年。日本柔道に何が起きたのか。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

柔道 最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース