RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月4日1時52分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

「小中学生にも普及を」アーチェリー団体銅の3人が会見

【動画】アーチェリー3選手が会見=永田工撮影

写真:アーチェリーで日本に初めてのメダルをもたらした女子団体の川中香緒里(左)、早川漣(中)、蟹江美貴の3選手が、メダルを手に撮影に臨んだ=3日午後0時57分、ロンドン拡大アーチェリーで日本に初めてのメダルをもたらした女子団体の川中香緒里(左)、早川漣(中)、蟹江美貴の3選手が、メダルを手に撮影に臨んだ=3日午後0時57分、ロンドン

 ロンドン五輪のアーチェリー女子団体で、日本に同種目初の銅メダルをもたらした蟹江美貴(23)、早川漣(24)、川中香緒里(21)の3選手が3日、ロンドン市内で記者会見した。「小中学生にもアーチェリーの普及を」と抱負を語った。

 3位決定戦のロシア戦では、最後の1射で10点を出した早川選手。「最後の人の役目は10点に入れて相手を待つこと。準決勝の韓国戦でも調子が良くなかったので、『ここで挽回(ばんかい)しなければ』と大事に打ちました」と振り返った。蟹江選手は「制した瞬間、『勝った?』という気持ちで、のみ込めていなかった」。

 試合では「笑って帰れるように」と、昨年の五輪最終予選のときに、蟹江選手の母親がつくったカエルのマスコットを3人とも身につけて臨んだ。その通りの結果に、蟹江選手は「ロンドンを楽しもうと思ってきて、それができたので本当によかった」とはにかんだ。

 銅メダルが決まった直後、川中選手は会場に来ていた父親や恩師から「よかったね」「おめでとう」とねぎらいの言葉を受けた。

 早川選手は北京五輪代表だった姉の浪さんから「最後の10点、カッコよかったよ」というメールが届いたという。

 競技を終え、ロンドンでは建物や町並みを見て歩きたいという川中選手。「五輪をめざして練習ばかりしてきた」という蟹江選手は好きなミュージカルに足を運びたいと話したが、「ロンドンで?」と尋ねられると「英語が分からないので、日本に帰ってから」。

 身長179センチの早川選手は「ロンドンのベッドは少し狭い」と苦笑い。「早く自分のベッドで寝たい」と話した。

 アーチェリーでは初のメダルをもたらしたが、競技環境は厳しい。早川選手は「川中さんはアーチェリーを始めてまだ6年。優勝した韓国では15〜16年はやっている選手が多い。そんな中でよく戦えた」と指摘。「これからは小中学生も引っ張って、4年後、8年後には、今の子どもたちが五輪で活躍できるようにしたい」と話した。

 3人は7月29日の団体戦でメダルを獲得した。個人戦に出場した早川、蟹江両選手も2日で全競技を終えた。(永田工)

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース