RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月4日6時2分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

激闘4時間26分、フェデラー決勝へ 最長試合記録

写真:激闘を制したロジャー・フェデラー=AFP時事拡大激闘を制したロジャー・フェデラー=AFP時事

【第8日、テニス男子シングルス 準決勝】

 テニスの男子シングルス準決勝で、フェデラー(スイス)がデルポトロ(アルゼンチン)を破った試合は4時間26分と、プロツアーを含めて3セットマッチの史上最長記録となった。

 スコアは3―6、7―6、19―17。従来の記録である2009年マドリードオープンのナダル(スペイン)―ジョコビッチ(セルビア)より23分長かった。

 今大会、前日までメダルがゼロのアルゼンチンにとってデルポトロは数少ない期待の星だっただけに、「今は話すのは難しい。とても悲しい」と消沈。勝ったフェデラーは「スイスのメダリスト一番手になれてうれしい」。(稲垣康介)

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース