RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 競泳・水泳
  4. 記事
2012年8月5日9時53分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

競泳フェルプス引退表明 「トップのまま去ろうと思う」

写真:男子200メートル個人メドレーで五輪3連覇を果たしたフェルプス=林敏行撮影拡大男子200メートル個人メドレーで五輪3連覇を果たしたフェルプス=林敏行撮影

 五輪史上最多の18個の金メダルを獲得した競泳男子のマイケル・フェルプス(27)=米国=が4日、競泳終了後の記者会見で、現役引退を発表した。「30歳まで泳ぎたくないと決めていた。やりたいことはすべてやった」と話した。

 現役最後のレースとなったこの日、男子400メートルメドレーリレーに出場。米国の第3泳者(バタフライ)として金メダルを獲得し、有終の美を飾った。

 15歳で2000年シドニー五輪に出場。04年アテネ五輪で6冠、08年北京五輪で8冠、ロンドンで4冠を達成した。すでに史上最多のメダル総数は、今大会の6個を含め22個(金18、銀2、銅2)となった。

 フェルプスは「自分のキャリアを、自分の思うように終わらせた。僕の引退について、誰がなんと言おうと気にしない。トップのまま、去ろうと思う」と、穏やかな表情で語った。(由利英明)

検索フォーム

競泳・水泳最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース