RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月6日6時43分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

卓球初のメダル獲得が確定 フェンシング男子団体が銀

写真:決勝進出を決めて喜ぶ(左から)福原愛、石川佳純、平野早矢香=森井英二郎撮影拡大決勝進出を決めて喜ぶ(左から)福原愛、石川佳純、平野早矢香=森井英二郎撮影

写真:銀メダルを手に笑顔を見せる(左から)淡路卓、太田雄貴、三宅諒、千田健太=西畑志朗撮影拡大銀メダルを手に笑顔を見せる(左から)淡路卓、太田雄貴、三宅諒、千田健太=西畑志朗撮影

写真:男子ハンマー投げ決勝で投てきをする室伏広治=矢木隆晴撮影拡大男子ハンマー投げ決勝で投てきをする室伏広治=矢木隆晴撮影

写真:男子100メートルで五輪連覇を果たしたボルト(7コース)。2位ブレーク(5コース)、3位ガトリン(6コース)=林敏行撮影拡大男子100メートルで五輪連覇を果たしたボルト(7コース)。2位ブレーク(5コース)、3位ガトリン(6コース)=林敏行撮影

写真:種目別でゆかの演技をする内村航平=森井英二郎撮影拡大種目別でゆかの演技をする内村航平=森井英二郎撮影

写真:男子バンタム級準々決勝で、アルジェリアのウアダヒ(左)を攻める清水聡=森井英二郎撮影拡大男子バンタム級準々決勝で、アルジェリアのウアダヒ(左)を攻める清水聡=森井英二郎撮影

 ロンドン五輪第10日の5日、卓球の女子団体準決勝で、日本(石川佳純、福原愛、平野早矢香)がシンガポールに3―0で快勝し、決勝進出を決めて、銀メダル以上を確定させた。卓球でのメダル獲得は、1988年のソウル大会で正式競技に採用されてから男女を通じて初めて。

 フェンシングの男子フルーレ団体では、日本(太田雄貴、千田健太、三宅諒、淡路卓)が決勝で世界ランク1位のイタリアに39―45で惜敗し、銀メダルに輝いた。フェンシングの団体でメダルを獲得したのは男女を通じて初めて。

 陸上の男子ハンマー投げでは室伏広治(ミズノ)が78メートル71で銅メダルを獲得。金メダルだったアテネ大会以来2大会ぶりのメダルとなった。

 男子100メートル決勝は、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が9秒63の五輪新で2連覇を達成。山県亮太(慶大)は準決勝で敗退した。女子マラソンはティキ・ゲラナ(エチオピア)が2時間23分7秒の五輪新で初優勝。日本勢は木崎良子(ダイハツ)の16位が最高だった。

 体操の種目別の男子ゆかでは、内村航平(コナミ)が銀メダルを獲得した。

 ボクシング男子バンタム級準々決勝で、清水聡(自衛隊)はアルジェリア選手を17―15で破り、準決勝進出。3位決定戦がないため、メキシコ大会のバンタム級の森岡栄治以来44年ぶりとなる日本勢のメダル獲得が決まった。

 今大会の日本のメダル数は獲得済みの27個を含む29個が確定。前回の北京大会(25個)を超え、アテネ大会(37個)、ロサンゼルス大会(32個)に次ぐ史上3番目で、東京大会、ミュンヘン大会に並ぶことになった。

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース