RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 競泳・水泳
  4. 記事
2012年8月6日23時8分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

競泳日本、メダル数2位 逃した金、4年後若手に期待

写真:男子400メートル個人メドレーで銅メダルの萩野公介=樫山晃生撮影拡大男子400メートル個人メドレーで銅メダルの萩野公介=樫山晃生撮影

写真:女子200メートル平泳ぎで銀メダルの鈴木聡美=林敏行撮影拡大女子200メートル平泳ぎで銀メダルの鈴木聡美=林敏行撮影

写真:女子200メートルバタフライで銅メダルの星奈津美=樫山晃生撮影拡大女子200メートルバタフライで銅メダルの星奈津美=樫山晃生撮影

 4日に終わった競泳で、日本は11個のメダル(銀3、銅8)を獲得した。事前の目標は「金メダルを含むメダル8個以上の獲得」。3大会ぶりに金メダルがなかったことで平井伯昌ヘッドコーチは「目標達成とは言えない」と述べた。

 メダル数は北京五輪の5個から大幅に増やし、米国に次ぐ2位。豪州、中国を上回った。1932年ロサンゼルス大会の12個に次ぎ、36年ベルリン大会に並ぶ日本史上2位タイの大健闘。戦後では最多の数で、代表27人中11人がメダリストになった。

 大会に入ると主将の松田丈志(コスモス薬品)を中心としたチームワークが選手を後押しした。試合会場の練習控室が狭かったため、全員が使えなかった。当日にレースがある選手が集中できるように優先して使わせ、ベテラン選手も試合のない日はプールサイドで練習準備をした。最年長で29歳の北島康介(日本コカ・コーラ)をはじめベテランが若手に積極的に声をかけ、ほとんどの選手は応援で声がかれていた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

競泳・水泳最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース