RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月7日10時8分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

金メダルへ、先手必勝がカギ 卓球女子、王者中国に挑む

 卓球の女子団体戦決勝が7日(日本時間同日午後11時半)に行われる。初のメダル獲得を決めた日本が、前回王者の中国に挑む。

 中国の3人は、シングルスの世界ランキングで1、3、4位。日本は6位石川佳純、7位福原愛、18位平野早矢香の3人だ。今大会のシングルスでも、福原が準々決勝で丁寧に、石川が準決勝で李暁霞にと、中国勢に完敗した。実力の差は大きい。

 しかし、五輪のプレッシャーは中国にとっても相当なもの。村上監督は「1人ずつが1ゲームずつ取る気持ちで。ひょっとしたら、その積み重ねと、相手の緊張で勝てるかもしれない」と話す。

 準決勝では、この4年間、団体戦で一度も勝ったことのないシンガポールを倒した。その時は、1番手の福原が第1ゲームをとってリズムをつかんだ。先手を取って王者を焦らせられれば、勝機が見えてくる。(木村健一)

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース