RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 陸上
  4. 記事
2012年8月7日21時34分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディーンと村上、入賞なるか やり投げ、9日未明に予選

写真:五輪直前の大会に出場したディーン元気拡大五輪直前の大会に出場したディーン元気

写真:陸上日本選手権に出場した村上幸史拡大陸上日本選手権に出場した村上幸史

 男子やり投げの予選が8日(日本時間9日午前3時5分)に行われる。日本からは今季急成長したディーン元気(早大)と、2009年世界選手権銅メダリストの村上幸史(スズキ浜松AC)が出場する。今季の自己最高は出場選手の中でディーンが12位、村上が14位。ともに8位入賞が狙える位置にいる。

 2人の投げ方は対照的だ。ディーンは腕をしならせ、バネのように投げる。一方、村上は筋力で投げる「剛腕」のイメージだ。

 今季の2人の投てきも対照的だ。自己ベストはディーンが84メートル28、村上が83メートル95でともに今季マークしたが、安定感が違った。ディーンはほとんどの大会で80メートル以上をマークし、84メートル以上も2度投げた。かたや、村上はシーズン初めに右太ももを肉離れ。その後は右ひじも痛め、多くの試合で思ったような結果が残せていない。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

陸上最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース