RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月8日2時29分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

バレー女子、中国破り24年ぶり4強 準決勝はブラジル

写真:女子バレーボール準々決勝で、中国に勝って喜ぶ(左から)木村、江畑、竹下、中道=樫山晃生撮影拡大女子バレーボール準々決勝で、中国に勝って喜ぶ(左から)木村、江畑、竹下、中道=樫山晃生撮影

写真:準々決勝の中国戦で、江畑がバックアタックを決める。右は竹下=樫山晃生撮影拡大準々決勝の中国戦で、江畑がバックアタックを決める。右は竹下=樫山晃生撮影

写真:女子バレーボール準々決勝の中国戦で、スパイクを放つ木村=樫山晃生撮影拡大女子バレーボール準々決勝の中国戦で、スパイクを放つ木村=樫山晃生撮影

写真:準々決勝の中国戦で、江畑(16)はボールを拾うが及ばず。左から木村、荒木、新鍋、竹下=樫山晃生撮影拡大準々決勝の中国戦で、江畑(16)はボールを拾うが及ばず。左から木村、荒木、新鍋、竹下=樫山晃生撮影

 ロンドン五輪第12日の7日、バレー女子準々決勝で日本はフルセットの末に中国を下し、ソウル五輪以来24年ぶりに準決勝進出を決めた。28年ぶりのメダルをかけて9日(日本時間10日午前3時半)にブラジルと戦う。日本はアテネ、北京と2大会連続で準々決勝で敗退していた。

     ◇

【第12日、バレー女子準々決勝 日本3―2中国】

 中道のサーブが中国選手を襲う。「これまでのすべてを出した」。レシーブがそれた瞬間、コートの6人が抱き合った。ベンチの6人もなだれ込んだ。2004年アテネ五輪でも、08年北京五輪でも、涙をのんだ準々決勝を突破。28年ぶりのメダルへ、日本が一歩近づいた。

 苦しんだ。平均身長は中国が184センチで、日本は175センチ。1993年4月以降では、13勝80敗と圧倒されてきた。「全然勝てていない相手だった」。主将の荒木は認める。そして最終セット、中国に2度もセットポイントを奪われた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース