RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. サッカー
  4. 記事
2012年8月8日11時52分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

村松選手の家族ら150人が声援 五輪サッカー、静岡で

写真:日本の苦戦が続く展開を、心配そうに見守る村松選手の母・亜紀子さん(前列中央)ら=焼津市三ケ名拡大日本の苦戦が続く展開を、心配そうに見守る村松選手の母・亜紀子さん(前列中央)ら=焼津市三ケ名

 ロンドン五輪のサッカー男子準決勝、日本―メキシコ戦が行われた8日未明、県勢唯一の代表、清水エスパルスの村松大輔選手(22)が生まれ育った焼津市の焼津文化会館でパブリックビューイングが催され、清水泰市長や一般市民ら約150人が応援した。

 村松選手の母亜紀子さん(43)、妹那美さん(18)や祖父母らも「がんばれニッポン」と書かれた円筒を手に声援を送り続けた。

 亜紀子さんは、ロンドンで予選2試合を応援し、先月31日に帰国。村松選手が初出場(先発でフル出場)した3戦目のホンジュラス戦は見ていない。「本人は『家族がいるうちに少しでも出たかったなあ』と残念そうでした。『でも、いつでも出る準備はできている』とも話していました」

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

サッカー最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース