RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月9日1時29分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

五輪の涙はいつもと違う 卓球女子団体の3人が会見

【動画】卓球女子団体銀の3人が会見

写真:卓球女子団体の銀メダルを手にポーズを取る(左から)石川佳純、福原愛、平野早矢香の3選手=8日、ロンドン拡大卓球女子団体の銀メダルを手にポーズを取る(左から)石川佳純、福原愛、平野早矢香の3選手=8日、ロンドン

 卓球の女子団体で銀メダルに輝いた福原愛、石川佳純、平野早矢香の3選手が8日、ロンドン市内で記者会見した。日本卓球界で初めてのメダル獲得に「応援してくれた人たちのおかげ」「のびのび五輪を楽しめた」「チームメートに恵まれた」と晴れやかな表情で喜びを表した。

 試合を振り返った平野選手は「2人がシングルスで良い流れをつくってくれたので、(団体戦の)1試合目からまとまって試合に入れた」。最年少の石川選手は「緊張したが先輩たちが引っ張ってくれた」と話した。

 決勝では強豪の中国の厚い壁に阻まれたが、シングルス優勝選手から1ゲームを奪った福原選手は「夢の舞台で五輪の金メダリストと試合が出来たのは良い経験」と前向き。平野選手も「強化しなければいけないところもあるし、もっと出来るんじゃないかとも思えた」と今後への手応えも口にした。

 試合後の涙で知られる福原選手はメダリストとして流した涙について聞かれ「感謝の気持ちで温かい涙だった」。世界選手権で負けて涙を流した石川選手も「五輪ではうれし涙で良かった」と笑った。ただ、今回一番泣いたのは最年長の平野選手。メダル獲得の瞬間だけでなく、表彰台でも国旗掲揚のときも涙が出たと言い、「今までで一番濃い涙だった」と恥ずかしそうに話した。

 3人ともまもなく帰国する。友人や親族にうれしい報告をするのが待ち遠しい様子。石川選手は「帰国前に時間があればロンドン観光もしたい。ビッグベンとか」とも話し、会場の笑いを誘った。

 五輪で正式種目になって以来、男女を通じて初めてのメダル獲得に、石川選手は「小さい子に卓球っておもしろいな、頑張ればメダル取れるんだなと思ってもらえればうれしい」。福原選手も「私はメダルを取るのに20年かかった。あきらめずにコツコツ頑張れば夢はかなう」と話した。(和気真也)

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース