RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月9日6時48分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

強豪ブラジルの隙を狙え バレー女子、準決勝へ

 28年ぶりのメダルを目指すバレーボール女子は9日(日本時間10日午前3時半)の準決勝でブラジルと対戦する。8日はロンドン市内の大学体育館で約1時間、サーブやサーブレシーブを中心に軽めの調整を行った。

 真鍋監督は中国に競り勝った準々決勝を評価しつつ、「いよいよメダルマッチ。一番大事な試合は明日の準決勝。今までやってきたことをそのままやろう」と選手を激励した。

 ブラジルは前回北京五輪の優勝国。今回は予選で韓国にストレート負けするなど4位での通過となった。「4年前はダントツに強かったが、まだ隙がある」と真鍋監督。警戒するのは、194センチのセンター2人が陣取るブロックや、エースのシェイラ・カストロのスパイクだ。

 日本は好調だ。中国戦では木村、江畑の二枚看板がそろって33得点。「大車輪の活躍だった。特に木村はようやくスイッチが入った感じ。集中力がすごかった」と真鍋監督。勝てば金メダルを獲得した1976年モントリオール五輪以来の決勝進出。敗れれば、3位決定戦にまわる。(藤島真人)

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース