RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. レスリング
  4. 記事
2012年8月9日7時31分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

どん底から、輝き再び 小原、レスリング人生の集大成

写真:女子48キロ級3回戦で戦う小原日登美=森井英二郎撮影拡大女子48キロ級3回戦で戦う小原日登美=森井英二郎撮影

【第13日、女子レスリング48キロ級】

 どん底から、小原日登美選手(31)がはい上がってきた。女子レスリング48キロ級。素早い身のこなしで相手の足を取り、倒し、回転させる。

 「試合ごとに動きが良くなってきた。普通は4年に1度だけど、日登美にとってはこれまでの人生分の五輪。あとは普段通りの力を出してほしい」。父親の坂本清美さん(57)は、娘の初舞台を観客席から見つめた。

 9年前、青森県八戸市。小原選手は実家で、食べては寝る生活を漫然と繰り返していた。それまで生活の中心にあったレスリングは影も形もない。体重は80キロ近くになっていた。「うつ」と診断された。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース