RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 競泳・水泳
  4. 記事
2012年8月9日22時30分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

女子高飛び込み・中川、準決勝敗退 国内環境整備が課題

写真:女子高飛び込み準決勝に出場した中川真依=樫山晃生撮影拡大女子高飛び込み準決勝に出場した中川真依=樫山晃生撮影

【第14日、女子高飛び込み 準決勝】

 女子高飛び込み準決勝で、中川が最下位の18位に終わった。1回目、回転時に足を台にぶつけて演技が乱れ、リズムを失った。2008年北京五輪は11位。冬場は高飛び込みができない地元石川県のプールからメダルを目指した4年間だったが、力を出し切れなかった。「少し硬くなったかな」と涙をこらえた。

 ロンドン五輪の飛び込み代表は中川だけ。責任を取って日本水連飛び込み委員長が辞任するなど、混乱もあった。1年を通して高飛び込みができる室内プールが少なく、環境面を整備しないと、日本は今後も厳しい戦いを迫られそうだ。

検索フォーム

競泳・水泳最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース