RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. サッカー
  4. 記事
2012年8月10日6時3分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

なでしこ、最後まで粘り 再三の好機阻まれる

写真:銀メダルを胸に、観客席に向かって手を振るサッカー女子日本の選手たち=林敏行撮影拡大銀メダルを胸に、観客席に向かって手を振るサッカー女子日本の選手たち=林敏行撮影

【第14日、サッカー女子 決勝】

 日本は前半8分に先取点を許した。米国に右サイドを崩されてクロスを送られ、MFロイドに頭で決められた。日本は今大会初めて先行されたが、持ち前の小刻みなパス回しから徐々に反撃に出る。ただ前半18分のFW大儀見のヘディングシュート、同33分のMF宮間の左足のシュートはいずれもバーにはじかれた。

 互いに好機が訪れる展開の中、決め手を欠く日本に対し、後半9分に米国のロイドにミドルシュートで追加点を決められた。しかし後半18分、MF沢は自らのシュートのこぼれ球にスライディングで食らいつき、こぼれ球を大儀見が押し込んで1点差に迫った。終盤にはFW岩渕、丸山が相次いで交代で入った。後半38分には岩渕がドリブルで持ち込んで右足のシュートを放ったが、相手GKソロの好セーブに阻まれた。日本はあきらめずに粘ったが、米国に逃げ切られた。

検索フォーム

サッカー最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース