RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. レスリング
  4. 記事
2012年8月10日10時30分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田、全てに勝った 連勝途絶え、どん底から復活

写真:女子55キロ級決勝で、バービーク(右)にタックルする吉田沙保里=矢木隆晴撮影拡大女子55キロ級決勝で、バービーク(右)にタックルする吉田沙保里=矢木隆晴撮影

【第14日、レスリング女子55キロ級】

 伊調とともに、吉田が五輪3連覇という金字塔を打ち立てた。かつてグレコローマン最重量級でアレクサンドル・カレリン(ロシア)が達成した「五輪と世界選手権で12連覇」にも並んだ。偉業と言える。

 ただ、その裏では人に言えない苦しみがあった。

 5月末、吉田はどん底にいた。国別対抗戦のワールドカップ(W杯)でロシア選手に敗れた。北京五輪前に負けて連勝を「119」で止めて以来、4年間負けなしだった。

 前回負けた時は、泣くだけ泣き、五輪に気持ちを切り替えられた。だが、今回は重症だった。一週間、家に引きこもった。他人に声を掛けられるのが嫌で、近所の銭湯にも行かなくなった。「今回の五輪はしんどいなあ」と弱音を吐いた。

 本人だけではない。大学時代から指導を続ける日本レスリング協会の栄和人(さかえ・かずひと)女子強化委員長は「今回は勝てないんじゃないか」ともらしていた。

 栄にとって吉田は秘蔵っ子だ。過去2大会で感じたことのない恐怖が栄を襲った。眠れなくなり、嘔吐(おうと)感に悩まされた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース