RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 陸上
  4. 記事
2012年8月11日9時23分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

2人の「妄想」、現実に マラソン藤原支えたパートナー

写真:合宿で藤原(左)のペースメーカーを自転車に乗って務める土門さん=米カリフォルニア州カーメル拡大合宿で藤原(左)のペースメーカーを自転車に乗って務める土門さん=米カリフォルニア州カーメル

写真:土門広さん土門広さん

 藤原には、「この人がいなかったら五輪に行けなかった」と語る練習パートナーがいる。東京都内でスポーツショップを経営する土門広さん(45)だ。

 ロードレース用の自転車に速度計、全地球測位システム(GPS)付きの時計、専用の靴、ヘルメット、サングラス。これが土門さんの練習装備だ。さらに、背中にiPadをつけて藤原選手の姿を撮影し、フォームの分析にも協力している。

 2人が五輪へ向かうきっかけは昨年10月、インターネットの交流サイト「フェイスブック」だった。しばらく連絡が途絶えていたが、土門さんがフェイスブックで藤原を見つけ、「ご飯でも食べよう」と誘った。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

陸上最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース