RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 競泳・水泳
  4. 記事
2012年8月11日20時17分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

英の天才飛び込み少年、夢へ輝け いじめ・父の死、越え

写真:高飛び込み予選に臨むデーリー=AFP時事拡大高飛び込み予選に臨むデーリー=AFP時事

■トーマス・デーリー(男子高飛び込み、英)

 天才飛び込み少年として地元で人気のトーマス・デーリーが、男子高飛び込み予選に出場。英国のアイドル選手は、15位と苦しみながら、18位までの準決勝進出を決めた。

 10歳で18歳以下英国選手権を制し、13歳で出場した2008年欧州選手権で史上最年少優勝。北京五輪では緊張に震えながら7位入賞し、名を広めた。

 それから学校でいじめが始まった。最初は「飛び込み少年」と声をかけられる程度だったが、無視すると体を押されたり、床に倒されたりするようになった。心労から競技でも精彩を欠き、09年に転校した。

 その年の世界選手権を制し、輝きを取り戻したかに見えた。しかし2年後、父親が脳腫瘍(しゅよう)で他界。8歳で競技を始めた時も、いじめられた時もいつも支えてくれた。悲しみから立ち直れず、次の世界選手権は5位に終わった。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

競泳・水泳最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース