RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. サッカー
  4. 記事
2012年8月12日1時48分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

メキシコ、開始早々抜け目なく 先制後したたか逃げ切り

写真:ブラジルとの決勝戦の前半、メキシコ・ペラルタ(左)は先制ゴールを決める=ロイター拡大ブラジルとの決勝戦の前半、メキシコ・ペラルタ(左)は先制ゴールを決める=ロイター

【第16日、サッカー男子 決勝 メキシコ2―1ブラジル】

 日本を破って決勝に上がってきたメキシコが、優勝候補筆頭のブラジルを2―1で破って、10度目の五輪出場で初優勝を飾った。

 開始30秒にも満たない先制点が勝敗を分けた。メキシコは開始早々から全力でボールを追い回した。嫌がったブラジルの右サイドバックが守備的MFにパスするタイミングを逃さずにボールをつつく。「重要なことはチームのためになること」と語るオーバーエージ枠のFWペラルタはこぼれ球を拾うと、ワンタッチから迷わずに右足を振り抜いた。準決勝の日本戦で奪った決勝点と同じく、前線からの抜け目ない守備からのゴールだった。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

サッカー最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース