RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月12日6時30分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のメダル37個、過去最多 ボクシング村田、金

写真:ボクシング男子ミドル級で金メダルを獲得した村田諒太(右)。左は銀メダルのフロレンティノ(ブラジル)=森井英二郎撮影拡大ボクシング男子ミドル級で金メダルを獲得した村田諒太(右)。左は銀メダルのフロレンティノ(ブラジル)=森井英二郎撮影

写真:銅メダルを獲得したバレーボール女子日本代表の選手とスタッフたち=樫山晃生撮影拡大銅メダルを獲得したバレーボール女子日本代表の選手とスタッフたち=樫山晃生撮影

 ロンドン五輪第16日の11日(日本時間12日午前)、ボクシング男子ミドル級決勝で村田諒太(東洋大職)がフロレンティノ(ブラジル)を破り、ボクシングの日本勢では、1964年の東京大会バンタム級の桜井孝雄以来2人目となる金メダルを獲得した。

 レスリングの男子フリースタイル60キロ級で、北京大会銅メダルの湯元健一(ALSOK)は、敗者復活戦に勝って3位決定戦まで進んだが、米国選手に敗れてメダルを逃した。

 陸上男子400メートルリレー決勝で、日本(山県亮太、江里口匡史、高平慎士、飯塚翔太)は38秒35で5位となり、2大会連続のメダルには届かなかった。ジャマイカが36秒84の世界新記録で優勝。アンカーを務めたウサイン・ボルトは北京大会に続いて、100メートル、200メートルと、400メートルリレーの3冠を達成した。

 陸上男子やり投げ決勝で、ディーン元気(早大)は79メートル95の10位となり、日本勢として84年のロサンゼルス大会以来となる入賞(8位以内)は果たせなかった。

 サッカー男子の決勝は、メキシコが2―1でブラジルを破り、初の金メダルを獲得。新体操の個人総合はエフゲニヤ・カナエワ(ロシア)が史上初の2連覇を達成した。日本が銅メダルを獲得したバレーボール女子の決勝は、ブラジルが米国を3―1で破って2連覇を果たした。

 今大会の日本勢の獲得メダルは37個に達し、2004年のアテネ大会と並び、過去最多となった。

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース