RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 陸上
  4. 記事
2012年8月13日0時3分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

中本、あこがれの藤原を抜く 「負けたくなかった」

写真:28キロ付近、競り合う中本健太郎(中央左)と藤原新=林敏行撮影拡大28キロ付近、競り合う中本健太郎(中央左)と藤原新=林敏行撮影

【第17日、男子マラソン】

 男子マラソンで日本人選手最高の6位入賞を果たした中本健太郎選手(29)。ゴールをしても淡々とした表情は変わらない。「入賞ぐらいでガッツポーズはよくないかなと思った」と、寡黙な男は照れた。

 両親は実業団でともに陸上選手。中本選手が小さいころ父親の輝美さん(58)はまだ現役で、仕事から帰ってきても「ちょっと走ってくるよ」。その背中を見て育った。

 だが高校でも大学でも、目立つ選手ではなかった。スカウトした拓殖大の米重修一監督(当時)は「走りが柔らかく、記録が安定しているのに賭けた」。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

陸上最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース