RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月13日8時12分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

レスリング米満が金 五輪閉幕、日本のメダル数史上最多

 ロンドン五輪最終日(第17日)の12日、レスリング男子フリースタイル66キロ級で米満達弘(自衛隊)が金メダルを獲得した。レスリング男子の金は1988年ソウル大会以来、24年ぶり。今大会の日本のメダルは38個(金7、銀14、銅17)となり、2004年アテネ大会の37個(金16、銀9、銅12)を上回って史上最多を更新した。

 陸上の男子マラソンはスティーブン・キプロティク(ウガンダ)が初優勝。日本勢は中本健太郎(安川電機)の6位が最高だった。新体操の女子団体で日本は7位に入り、シドニー五輪以来3大会ぶりの入賞を果たした。

 全競技終了後に閉会式があり、17日間の祭典の幕を閉じた。次回五輪は2016年にブラジルのリオデジャネイロで開かれる。

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース